HIJI YASUO WEBSITE


臂泰雄 群馬県議会議員ウェブサイト


あの時から、未来に向けて。
・・・「共に生きる」。

   あの震災から3年を超える長い時間が過ぎました。
多くの尊い生命が失われ、堅牢な建物が流され、そしてそこに住む人々の生活が壊されました。
原発事故の影響は未だ甚大で収束に向かっての道筋も見えてきません。復旧復興はいつ成し遂げられるのでしょうか。
 安倍政権の下で経済活動の改善が図られ、日本の元気も取り戻されたように思いますが外交や防衛、憲法改正の問題など課題は山積みしています。まして地方の抱えている課題を処理する施策は充分とはいえません。これらの対応うを見るにつけ国は地方のことを真剣に考えてくれているのか疑わしくなります。圧倒的に力のある都市住民の声を大事にしているとしか思えません。
 地方にいる私たちに自立する術はあるのでしょうか。解決の方法は『共生』です。各自治体が持っている永い歴史や文化の違いを認め合い、都市が持つ「機能と形態」の多様性を損なうことなく連繋させた自治体運営を行い、「地域共同体の再生」を成し遂げることが必要です。そのためには基礎自治体である市町村を補完する立場である県行政が果たす役割がますます重要になるものと考えます。
 私はこれからもこの地域の中で生まれ、育てられたことを誇りに思いながら群馬県の将来のために強い使命感を活動して行きます。

共に生きる


木こり(「共に生きる」より)

    ©Susumu Fujimoto 2009
  Aiken Drumで活躍中のデザイナー藤本 将さんに、「共に生きる」をテーマとしたデザインを考案していただきました。
 自然樹に備え付けられた巣箱から顔を覗かす小鳥にきこりの少年が微笑みかけます。
 人が、自然や歴史・風土・文化といった、後世に残していくべき貴重な資源と「共に生きる」社会の実現の一助になりたい、そんな私の志向を表現していただきました。

What's New

2016/07/17
7.8月スケジュール更新
2016/05/20
5.6月スケジュール更新
2016/04/18
4.5月スケジュール更新
2016/02/05
2.3月スケジュール更新
2015/12/07
12.1月スケジュール更新
2014/12/01
ホームページリニューアル

↑ ページの上部へ

SIDE MENU

ブログ

平成22年12月11日、58歳の誕生日を機にブログを書き始めました。

不慣れなため、お見苦しい点もあるかと思いますが、是非お立ち寄りください。

ほぼ毎日更新中です!

(たまにお休みします
・・・上のバナーをクリックして下さい。)

自由民主党からのお願い



ひじやすお後援会

群馬県伊勢崎市豊城町2150番地
TEL 0270-25-9339
FAX 0270-23-9616

E-mail elbow@at.wakwak.com